旗の台「スペイン食堂石井」の肉ランチにパエリアつけたら大満足だった!

これから大注目が間違い無い旗の台のお店をご紹介します。

孤独のグルメseason6 でも紹介されるというので、先乗りで旗の台まで行ってきました。

特に肉ランチ(日替わり)の肉が柔らかく煮込まれていて、濃厚ソースとあいまって

とても美味しくいただくことができたのでランチレポートしまちゃいます。

 

場所は旗の台です。幡ヶ谷ではありません。

まず、一番間違えやすいのが駅名だ!ちゃんと「旗の台」の駅で降りてください。

幡ヶ谷ではありませんよ。私も危うく全然違う方に行きそうになりました。。。(汗)

 

それはさておき、駅の東口から商店街を抜けて、中原街道を右に歩くと5分もし無いうちに赤いテントのお店が見えてきます。ちょうど旗の台で開業して10周年だったようで蘭のお花が送られて飾っていました。

ランチは4種類ですが、やっぱ肉ランチでしょ!

ランチ看板
ランチ看板

お店の前におしゃれなランチのメニューボードが出されていて、見ると4種類ありました。

  • パエリアランチ 800円
  • 魚ランチ    900円
  • 肉ランチ    900円
  • ランチコース 2100円

となっていて、お店に入ってカウンターに通されてから、ランチメニューをみつつ、

「肉ランチとパエリアランチと迷ってるんです」と言うと、なんと

「肉ランチに200円出すとパエリアになりますよ!」と言うので、「じゃぁ、それでお願いします」とメニューは決まりです。

スペイン料理にパエリアは外せないでしょ。

 

ランチスープも手を抜いていない!

しばし店内をていると豚の足の生ハムが目の前にあってびっくり。

それはさておき、すぐに出てきたのが、オニオンスープ。

ランチのオニオンスープ

このスープは濃いめのコンソメスープで、具はとろけるような玉ねぎがたくさん入っています。

その玉ねぎがとてもあまくて柔らかくて、このスープだけで感動です。

 

次に出てきたのはランチサラダ。

ランチサラダ

新鮮な葉物ときゅうりとトマトに、少し酸味の利いたシンプルなドレッシングがかかっていてこれもまずまずというところです。

 

チキンのパエリア(手羽元つき)登場!

チキンのパエリア

本日はチキンのパエリアでした。黄色いご飯にパセリの緑が映えて、上にローストされた手羽元チキンが載っていて、見ためから美味しそうです。

具は、インゲンとパプリカ、チキンだと思います。

一口、口に入れると、濃いめの深い味わいとおごけの部分の食感と風味が合わさってこれも美味い。

上に乗っている手羽元チキンは逆に少し黄色がかっていたがシンプルな味でとても柔らかかった。

 

最後は、豚肉のパプリカ煮込みは、絶品だ!

豚肉のパプリカ煮込み

個人的に一番美味しかったのは、この豚肉のパプリカ煮込みでした。

パプリカ煮込みは初めて食べましたが、クタクタに煮込まれたパプリカと崩れ落ちた肉が合わさり

ポテポテとした濃いめのソース絶妙で、とても柔らかく煮込まれた肉との相性もバツグンです。

 

少し味は濃いめなのですが、付け合せは人参のマリネなので、さっぱり口休めができます。

孤独のグルメでも人参のサラダが出てきていましたが、このサラダです。

この肉ランチは、肉の量も程々にあるのですが、さらに太めのポテトフライが結構のっていました。

 

ご飯をパエリアに変えたので、全体的に味が濃いめになってしまいましたが、

めっちゃ美味しくボリュームもあって大満足でした。

 

ここランチはお得なので超オススメですので、是非一度旗の台まで行ってみてはいかがでしょうか?

 

本日のお店

スペイン食堂 石井 (旗の台)

<ホームページ>

スペイン料理 東京都 品川区 旗の台 スペイン食堂石井

<住所>

東京都 品川区 旗の台 2-1-31 岩瀬荘1F

東急大井町線、東急池上線 旗の台駅東口徒歩5分

<地図>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です